• Takeon

成人撮影も一区切り。


みなさま、今年もよろしくお願いします! 昨年の夏くらいからのド繁忙期と言われる時期が終わり、だいぶ落ち着いた仕事スタイルになりました。


七五三、学校アルバム、家族写真、年賀状、成人式と目白押しの半年は、もういつ夏が終わって、お正月になったんだろう。。というくらい目まぐるしい毎日。


本当にありがたいことです。


地元の成人式も終わり、ちょっとひと段落。

撮影よりもお写真のセレクトのご来店など多いこの頃。


一緒にお写真を見て、ご相談しながら思うのは、写真のスタイルもカジュアルになってますが、お着物や小物もとてもおしゃれになってきたなという所。


コーディネートされる方のセンスを感じる着付けや、小物の斬新な見せ方は、それだけで勉強になりますし、触発されます。


写真のお客様も、お母さまのお着物をご自身でアレンジ。髪の色までトータルでアレンジされたそうで、かわいいというよりは、かっこいい!そんな着こなしでした!


そんなこだわりのアレンジをもっとかっこよく魅せるにはどうしたらいいか。

写真を撮りながら考えるのは、自分だったらどんな一枚が欲しいかと自分に置き換える事。


まあ、20歳の気持ちに完全には寄り添えませんが笑


それでもナカジマフォトで撮影したこの一枚は、本当に嬉しい!そう思ってもらえる写真を

残そうと、全ての撮影にのぞんでいます。


写真って、無くなって初めて大切さに気付く。


先日、被災された方からそうお伺いした時は、半分ジョークみたいに語っておられましたが、残りの半分のリアルさに、胸がしめつけられました。


「今」を残すのが写真と考えると、時間ですらも、「今」を無くしていくともいえると思います。


だからこそ、大切な一枚を、「今」を持てるスキルの全てでカタチにしたい!

そう思っています。

20回の閲覧